歯科と口腔外科の違い

歯科治療と口腔外科治療

トップ / 歯科治療と口腔外科治療

歯科と口腔外科の違いについて

歯医者に通院する際、診療科の違いについて説明します。歯科はむし歯や歯周病といった歯や歯ぐきの疾患をメインに治療する診療科です。口腔外科は治療で取り扱う以外の外科処置を中心とする疾患を扱う診療科です。具体的には、親知らずを抜歯する際に外科手術が必要な場合や、口腔内に腫瘍ができてしまった場合などが当てはまります。しかし、外科治療がメインではありますが、ケンカなどによる口腔の外傷やストレスなどにより口が開かない症状など口腔外科の診療範囲はとても幅広いため、歯科で対応できない口腔のトラブルがあった場合は一度口腔外科へ相談に行くことが必要です。

顎関節が痛むときは口腔外科へ

口腔外科は歯科の一つです。顎関節に異常を感じたとき、痛みや腫れが生じたときは、この診療科にかかります。顎の痛みの原因は様々で、生まれつきの関節の形の異常・噛みあわせの悪さ・歯並びの悪さ・強い歯ぎしりなどが考えられます。治療ではまず原因を探すためにレントゲンで顎関節の状態を確認します。関節の形がおかしいときは、場合によっては手術になります。歯並びが原因の場合、歯列矯正で治療することもあります。この場合、歯列矯正の病院を紹介してもらいます。痛みの解消のために親知らずの抜歯をすることもありますし、通常の虫歯治療も受けられます。通常の歯科でも顎関節の治療は受けられますが、専門家ではありません。顎に異常を感じるときは、専門の医師がいる口腔外科に行くことが望ましいでしょう。

歯科探しに関しての情報