歯科の最新治療とは

変化している歯科の治療

トップ / 変化している歯科の治療

新しい歯科の治療について

歯科というと、虫歯になってしまったところを削って、銀歯などを詰めるという治療方法を思い浮かべます。しかし、新しい治療では他の治療方法があります。まず、虫歯を削る音が嫌いという人が多いですが、レーザーでは嫌な音を立てずに痛みも少なく虫歯を取り除くことができます。今までは、削った後に型取りをして、銀歯を作って次の来院日に詰めていました。最近は歯科用CAD/CAMシステムを採用しているところもあり、削ったその日に詰め物ができ、歯科に来院する回数を減らすことができます。

進化している歯科治療

歯科では、虫歯も昔までは全て取り除く必要がありましたが、消毒後、三種類の薬剤を混ぜ合わせたもの(3Mix)を塗布することで、無菌化をはかり、歯を削る量を減らす方法もあります。ドックスベストセメントという方法では、初期虫歯なら削らずにミネラルで殺菌できます。進行虫歯は少し削る必要がありますが、今までのように大きく削る事はありません。このように、新しい治療方法がたくさん登場しています。虫歯は一度なってしまうと、元の状態には決して戻らない病気ですので、気が付いた時は早目に歯科を受診するようにしましょう。

埼玉のインプラント事情・おすすめ医院紹介
インプラント埼玉.com
インプラント治療費詳細情報

歯科探しに関しての情報